基金の福祉事業

保養施設利用補助

契約のある保養施設なら基金から利用補助金を支給いたします

当基金の保養施設等利用補助金は、加入者・年金受給権者及びその同伴する家族の福祉の増進として、加入者・年金受給権者が下記の「利用可能な施設」に宿泊したときに、本人及びその同伴する家族について年度内(4月から翌年3月)3泊まで補助金が支給されます。

利用できる施設は、
日本国内の施設に限ります

(日帰り旅行・海外旅行は対象外です)

保養施設等利用補助金の概要

加入者、年金受給権者※1
およびその家族※2
  • ※1 年金受給権者 - 当基金の加入期間が10年以上である60歳以上の方で、現在、老齢給付金の全部の支給が終了していない方
  • ※2 家族 - 生計を同じくする配偶者、6歳以上18歳以下の子および父母
加入者、年金受給権者が
申込者であること
加入者、年金受給権者:
1人1泊につき 5,000円
(各年度3泊まで)
※年度とは4/1~翌年3/31の期間です
同伴の家族:
1人1泊につき 3,000円
(申込者と同泊時のみ)

利用可能施設利用できる施設は、日本国内の施設に限ります(日帰り旅行・海外旅行は対象外です)

  • ジェイティービー(JTB)契約施設
  • 近畿日本ツーリスト契約施設

※ジェイティービー(JTB)と近畿日本ツーリストの直営店舗での申込に限ります。

※各施設の概要等は、クリックしてそれぞれのホームページでご覧ください。

たびゲーター(インターネット契約保養所システム)に掲載された契約施設

※たびゲーターで宿を予約するには、Yahoo! JAPAN IDが必要です。

保養施設等利用補助金の申込み方法

ABの施設のご利用をお考えの方

利用可能施設のA(JTBまたは近畿日本ツーリスト)
またはB(休暇村やかんぽの宿等)を利用する場合の申し込み方法

ホームページまたは
申込書送付による申し込み方法

宿泊予約~支払いまでの流れ

申請にあたっての注意事項

  • 申請は、ご利用日の14日前から4ヵ月前まで可能です。
  • ホームページから申し込めない環境の方は、用紙をお送りしますので事務局にお申し出ください。
  • 加入者で加入者番号がわからない方は、利用承認書を職場に送付しますので職場の住所と部署名をご入力ください。ご自宅等に送付を希望される場合は、必ず加入者番号とご自宅等の住所をご入力ください。
  • 宿泊施設をキャンセルした場合は、当基金にもご連絡をお願いします。連絡がないと、実際に利用されていなくても利用したものとしてカウントされますので、ご注意ください。
    なお、お手元に承認書がある場合は、お手数ですが基金事務局にご返送ください。
  • 申請時に指定した宿泊施設や利用者などに変更があった場合は、必ず当基金にもご連絡をお願いします。連絡がないと、補助が利用できません。なお、利用日、補助金額の変更はできませんので、ご注意ください。
  • 旅行会社に承認書提出後にキャンセルをした場合は、旅行会社から「取消証明書」を発行してもらい、基金事務局にご送付下さい。
STEP1利用したい宿泊施設を予約する

①利用したい宿泊施設が、A(JTBまたは近畿日本ツーリスト)の場合は旅行会社へ、B(休暇村やかんぽの宿等)の場合は直接宿に予約してください。

Aの旅行会社を利用する場合は、インターネットのみでの手続きには利用できません。最終的に、旅行代理店の支店・営業所の窓口で手続きする場合に限ります。インターネットのみでの利用は、C(たびゲーター)をご利用ください。

当基金の「保養施設利用補助」の利用可否について、旅行会社に確認をしてから申請をお願いします。

STEP2利用補助の申請をする

②下記の「保養施設利用補助・申請フォーム」をクリックし、必要項目を入力し、基金事務局に送信してください(入力漏れ、入力相違があると手続きが遅れる場合があります)。

③基金事務局の審査が終わると、利用承認書をご自宅または職場にお送りします。

④利用可能施設Aの旅行会社で予約をした方はその旅行会社の支店または営業所に、利用可能施設Bの各施設に予約した方は利用する際にその宿に、それぞれ基金事務局から送られてきた利用承認書を提出してください。

STEP3お支払い

⑤利用承認書を予約した旅行会社または宿泊施設に提出すると、宿泊施設の宿泊代金から補助金額が差し引かれた利用料金が請求されます。

Cのご利用をお考えの方

※利用可能施設のC(たびゲーター)を利用する場合の申し込み方法

インターネットによる申し込み方法

利用申請~宿泊予約までの流れ

申請にあたっての注意事項

STEP1泊まりたい日付、宿を選ぶ利用申請する

たびゲーターの検索サイトから泊まりたい日付、宿を選び利用申請を押してください。
※この時点では予約はできません。 利用日は、申請から120日先までです。

たびゲーターのメールアドレス入力画面からご自身のメールアドレスを入力してください。入力したメールアドレス宛に、たびゲーターから申請内容入力画面のURLが記載された電子メールをお送りします。

URLの有効期間はメールアドレス登録後24時間以内です。URLを開き、宿泊補助専用申請サイト内の必須項目を全て入力し、申請完了します。

申請には、申請代表者の「氏名、種別-加入者番号、利用日、利用施設名、利用日数」と宿泊補助利用者全員の「氏名、種別-加入者番号、続柄、年齢、性別」が必要ですので、事前にご確認のうえ申請してください。

  • 一度の申請で選択できる宿泊施設は1施設のみです。一度の申請で複数の宿泊施設を選ぶことはできません。また、1泊目と2泊目の宿泊施設が同じであっても、利用するプランが異なる場合は、1泊ずつ申請をしてください。
  • 2泊以上の申請をする場合、連続した利用日でのみ申請が可能です。
  • 申請後に日付・利用者情報の変更はできませんので、申請の内容に間違いが無いようにご確認ください。万が一変更される場合には、補助金申請の取消を行なったうえで再申請が必要です。
  • 利用日ごとに宿泊補助利用者が異なる場合は、別々に申請をしてください。
STEP2公認会計士企業年金基金にて申請内容の確認
STEP3
申請結果を確認

たびゲーターより宿泊補助金相当額分のクーポンコードとパスワードがメールで届きます。

STEP3
申請結果を確認

却下理由が記載されたメールが届きますので、内容をご確認ください。

※申請結果が却下の場合、取り消し申請は不要です。

STEP4予約する

メールに記載のURLを押して申請した宿のプラン一覧から、申請した日付・ご希望のプランを選択し予約してください。
申請した内容は、クーポンコードとパスワードが書かれたメール、または、申請一覧の申請詳細でご確認ください。

申請した宿泊施設が取れなかった場合でも、承認された日であれば他の宿泊施設でもそのまま割引クーポンは使用できます。予約可能な宿泊施設でご利用ください。

クーポン金額を差し引いた宿泊料金(本人負担額)は、クレジットカードまたは現地決済にてお支払いください。

「たびゲーター」の利用は、必ず当基金のホームページを経由してください。 経由しない場合は、補助を受けれませんのでご注意ください。

取り消し申請の流れ

取り消す場合の注意事項

STEP1取り消し申請する

申請一覧から取り消し申請を押し、取り消し申請確認画面に移ります。
取り消し申請完了へ遷移すると、申請時に登録したメールアドレス宛に、補助金利用取り消し手続き完了のご案内メールが届きます。

メールが届かない場合は、申請一覧から、取り消し申請状況をご確認ください。

申請一覧を見るためには、Yahoo! JAPAN IDが必要です。忘れてしまった場合はこちらから取り消し申請をしてください。

STEP2公認会計士企業年金基金にて申請内容の確認
STEP3
申請結果を確認

取り消し処理が完了となりました。

STEP3
申請結果を確認

却下理由が記載されたメールが届きますので、内容をご確認ください。

取り消し申請

  • ◆割引クーポンの使用前(たびゲーターの予約画面でクーポンコードを入力していない)の場合
  • 申請一覧から取り消すことができます。
  • ◆割引クーポンの使用後(たびゲーターの予約画面でクーポンコードを入力済)の場合
  • 予約一覧で宿泊予約を取り消したうえで、申請一覧で補助金申請を取り消してください。

宿泊予約の取消料金が掛かる場合は、割引クーポン利用前の金額に掛かります。
また、この取消料金に割引クーポンを充当することはできません。

Yahoo! JAPAN IDを忘れてしまった場合はこちらから取り消し申請をしてください。

他の旅行サイトから入っても補助の申請はできません。