基金からの給付

脱退一時金

加入者期間が3年以上の人は脱退一時金が受けられます

受けられる人(支給要件)

脱退一時金は、加入者期間が3年以上ある人が基金を脱退したときに受けられます。

  • ① 加入者期間3年以上10年未満の人が基金を脱退したとき (退職、または60歳になったなどで)
  • ② 加入者期間10年以上の人が60歳未満で基金を脱退したとき
  •   ※加入者期間の計算例はこちら
支給の繰下げを申し出て年金を受けることもできます

支給要件②(加入者期間10年以上)を満たす人は、支給の繰下げを申し出ると60歳になったときに老齢給付金(年金)を受けることができます。(65歳まで繰り下げることも可能です)

  • ※ 繰下げ期間中は、脱退時点の「仮想個人勘定残高」に再評価率(上限4.5%、下限2.0%)に応じた利息が付与されます。
国の行政機関等に転籍した人は、支給の繰下げを申し出ることができます

脱退一時金額

脱退一時金の額は、基金を脱退したときまでに積み立てられた仮想個人勘定残高の額です。

脱退一時金 = 仮想個人勘定残高

脱退一時金相当額を他の制度に移すことができます

加入者期間3年以上10年未満で基金を脱退した人は、他の年金制度に脱退一時金相当額を移して、将来の年金受給に結びつけることができます。
脱退一時金を受けるか、他の制度に移すかの申し出は、1年間保留することができます。1年以内に申し出がない場合は、企業年金連合会に移されます。