基金からの給付

年金ポータビリティ

脱退一時金相当額を他の制度に移すこともできます

加入者期間3年以上10年未満、または加入者期間10年以上で60歳未満の人が基金を脱退したときは、脱退一時金相当額を他の年金制度に移して、それを将来の年金原資とすることができます。年金原資を持ち運ぶことを「年金ポータビリティ」といいます。

基金の脱退時に脱退一時金を受けるか、他の制度に移すかの選択は、脱退後1年以内に行う必要があります。
加入者期間3年以上10年未満の人は、1年以内に申し出がない場合、企業年金連合会に脱退一時金相当額を移します。

年金ポータビリティの選択肢

他の年金制度に脱退一時金相当額を持ち運ぶときの選択肢は、下図のとおりです。転職先の年金制度に持ち運ぶ場合、これらの制度に脱退一時金相当額の受け入れの規約がある場合のみ、移すことができます。詳しくは、転職先の企業にお問い合わせください。

年金ポータビリティの選択肢 年金ポータビリティの選択肢

  • ○当基金は、他の年金制度からの給付原資の受け入れは、行っておりません。