スチュワードシップ活動

2020年09月16日

「スチュワードシップ責任を果たすための方針」の改訂を行いました。

 日本版スチュワードシップ・コードの再改訂版が公表されたことに伴い、当基金はこの趣旨を踏まえて、既に公表している「スチュワードシップ責任を果たすための方針」の改訂を行いました。

2019年09月04日

令和元年第1四半期 契約先運用受託機関各社のヒアリングを行いました。

 令和元年第1四半期の資産運用状況を契約先運用受託機関からヒアリングし、その前後で各社の2018年及び直近のスチュワードシップ活動についてもヒアリングを行いました。各社のスチュワードシップ活動の状況については、下記の各社のホームページをご覧ください。

三菱UFJ信託銀行 

三井住友信託銀行(三井住友トラスト・アセットマネジメント)

みずほ信託銀行

 

2019年04月01日

当基金は、スチュワードシップ・コードの受け入れを表明しました。

 当基金では、日本版スチュワードシップ・コードの趣旨に賛同し、これを受け入れ本コードの各原則への対応方針を定めています。
日本版スチュワードシップ・コードとは、金融庁により策定されたもので、機関投資家が、建設的な「目的を持った対話」などを通じて、投資先企業の企業価値の向上や持続的成長を促すことにより、顧客・受益者の中長期的な投資リターンの拡大を図ることを目的としています。