企業年金のしくみ

基金概要

基金は事業主と加入者の代表により民主的に運営されています

基金の組織と運営

企業年金基金は、日本公認会計士協会を母体に公認会計士事務所及び監査法人等の加入事業所の事業主と加入者とで設立されている組織です。法人として企業とは異なった法人格を与えられ、確定給付企業年金法及び基金規約に基づき運営されています。

基金の組織と運営基金の組織と運営

代議員会…
基金の事業運営上の重要な事項(基金規約の改廃、予算決算等)を審議・決議する議決機関です。
代議員会は、加入事業所の事業主から選出された選定代議員(36名)と加入者において互選された互選代議員(36名)の代議員(72名)で構成されています。
理事会…
基金の業務執行に関する事項を審議する執行機関です。
理事会は、選定代議員(7名)と互選代議員(7名)からそれぞれ同数ずつ選出された理事(14名)で構成されています。
理事長、理事長代行、常務理事及び運用執行理事は理事の中から選出されます。
監事…
基金の事業内容を監査する内部監査機関です。監事は選定代議員と互選代議員から1名ずつ選出されます。
運営委員会…
基金の事業運営の円滑を期するため、理事会に運営委員会(9名)を設置し、理事会における審議の充実と機能強化を図るため、理事会に付議すべき案件の企画・立案及び内容審査等を行っており、事業の中心を担っております。委員については、代議員のうちから理事長が委嘱し、委員長は理事長代行が務めております。また、運営委員会は、資産運用に関する審議を行う資産運用委員会を兼ねています。

基金規約(R3.6.8付)

別表第1

別表第2~4

公認会計士企業年金基金の概況

参考資料「企業年金の概況」

事業概況

(令和3年8月20日更新)

基金名称 公認会計士企業年金基金
設立年月日 平成19年5月1日 厚生労働大臣認可 関基002308号
(公認会計士厚生年金基金より代行返上して設立)
設立母体 日本公認会計士協会
理事長 手塚 正彦(令和元年8月24日より)
設立形態 確定給付企業年金(キャッシュバランスプラン)
加入事業所数 366事業所(令和3年7月末現在)
加入者数 64,218人(令和3年7月末現在)
平均標準給与月額 499,635円(令和3年7月末現在)
年金受給者数 2,171人(令和3年6月末現在)
年金資産額 736億円(令和3年6月末現在)
予定利率 2.5%
掛金率 標準掛金 1.40%
事務費掛金 0.06%
合計 1.46%